校長よりあいさつ

ごあいさつ

 本校は大正12年3月に福島県石川実科女学校として設立され、福島県石川女子高等女学校、県立石川女子高等学校を経て、昭和24年7月に現在の福島県立石川高等学校となりました。令和5年には創立百周年を迎える、歴史と伝統のある学校です。

 地域の皆様に支えられ、「いしかわ WORK & LIFE 教育」に代表されるような本校特有のキャリア教育の実践と「まちのリビングプロジェクト」などの地域の課題探究活動をとおして、地域社会に貢献できる「人間力」豊かな人材の育成に努めております。令和4年度は「人に学び、地域と歩む」をスローガンに「地域連携Shinka元年」と銘打ち、地域連携をさらに深化して参ります。

 校訓の「自律」「進取」「信義」にあるように自分を律し、進んで事をなし、誠実に生きる、そして人との和を大切にしながら令和の新時代を切り拓く生徒たちを育てたいというのが我々の願いです。これからもご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 令和4年4月1日

              福島県立石川高等学校長  櫻井 克彦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          

校長室より